バックナンバー

結婚の必須情報

深夜にも提出できる婚姻届

結婚届けはいつでも出せる

  • トップ /
  • 結婚届けはいつでも出せる

結婚は真夜中でも大丈夫

厳密な意味での結婚は深夜でも可能であるとご存知でしょうか。現在の日本の法律においては、結婚するということは結婚式を挙げる、ということではありません。婚姻届に男女が記入し、成年の立会人に署名して貰い、それをその時住んでいるところの市役所に提出して受理されればよいのです。ですから実際に一大イベントなのは婚姻届を出しに行くときです。提出をして受理される、その時からそれまでの親の戸籍から抜けて、二人で新しい戸籍を作ることになるからです。しかし市役所の戸籍課では24時間体制での受理ですから、深夜でも届けを出すことが可能です。つまり深夜に市役所に行けば、非常で入口の前で警備員に渡すということになるのです。結婚は間違いなく人生の一大イベントですから出来れば日中に二人で婚姻届を提出しにいき、窓口の人から市町村からのお祝いの言葉や品物を頂いたり、その後必要な手続きをついでに教えて貰って済ませるのがおすすめなのですが、仕事に忙しい人や結婚式の準備に多忙な場合はそれも出来ない場合があるのは仕方ありません。しかし夜に出す場合には注意が必要です。書類に不備があればその日の受理は見送られ、後日再提出しなければなりません。日中に市役所に行けないという人は、記入不備がないように気をつけてください。

↑PAGE TOP